固定IPアドレスとは? 必要性や取得方法を解説

企業がビジネスでインターネットを利用する際、しばしば必要になるのが固定IPアドレスです。固定IPアドレスとはどのようなもので、どんな目的で利用するのでしょうか。併せて、企業が固定IPアドレスを取得する方法についても解説します。

そもそもIPアドレスとは

IPアドレスとは、ネットワークに接続するパソコンやスマホなどの各種端末にそれぞれ割り振られる識別番号のことです。ネットワークに接続されている特定の端末とデータをやり取りするためには、必ずIPアドレスが必要になります。

IPアドレスには、大きく分けてグローバルIPアドレスとプライベート(ローカル)IPアドレスの2種類があります。

グローバルIPアドレスはインターネットを利用するときに割り振られるIPアドレスです。インターネットに接続するためにプロバイダを利用している場合は、IPアドレスはプロバイダが管理しています。ユーザがインターネットに接続するためにルータを使用しているなら、プロバイダはそのルータに対して自身が所有するIPアドレスを割り振っています。

一方、プライベート(ローカル)IPアドレスは会社や自宅で使用するLAN(ローカルエリアネットワーク)を利用するときに割り振られるIPアドレスです。LANでは、サーバやルータがパソコンやスマホにIPアドレスを割り振っています。プロバイダから割り振られるグローバルIPアドレスはひとつなのに、数台の端末で同時にインターネットに接続できるのは、このプライベートIPアドレスのおかげです。

固定IPアドレスとは

プロバイダがIPアドレスを割り振る方式には、動的IPアドレスと固定IPアドレスの2種類があります。

通常、インターネット回線に接続するためにプロバイダを利用している場合に割り振られるグローバルIPアドレスは動的IPアドレスです。動的IPアドレスは、頻繁に識別番号が変わるタイプのIPアドレスです。ルータにIPアドレスが割り振られている場合、そのルータを再起動すると前とはIPアドレスが変わってしまうことがあります。これはプロバイダが所有しているIPアドレスには数に限りがあり、その都度空いているIPアドレスを使って割り振っているためです。

一方、固定IPアドレスは、何度インターネット回線に接続したりルータを再起動したりしても、プロバイダから同じ識別番号が割り振られる仕組みのIPアドレスです。IPアドレスの数に限りがある中で割り振りをするので、動的IPアドレスよりも比較的高価になります。

固定IPアドレスの必要性

インターネットを介して外部からローカルネットワーク内のサーバや端末にアクセスできるようにしたい場合には、この固定IPアドレスを使っている方が便利です。IPアドレスが固定されていないと、外部からアクセスするたびに正しいIPアドレスを確認して接続しなくてはならないからです。

固定IPアドレスを取得するのは、いわば特定の端末が特有の住所を持つようなものです。そしてそのようなニーズは、企業がビジネスでインターネットを利用する場合によく発生します。

固定IPアドレスが必要になるケース

たとえば自社で使っているサーバに外部からアクセスできるようにするためには固定IPアドレスが付与されていると便利です。テレワークで社員の自宅から社内のファイルサーバにアクセスして保存してあるデータを参照したいといったときも、固定IPアドレスなら対応できます。VPN(仮想プライベートネットワーク)を構築して利用したいときも同様です。VPNは通信経路に仮想的なトンネルを作って安全にデータをやり取りできる仕組みのネットワークで、自宅からパソコンやスマホを使って社内ネットワークにアクセスできるようになります。

ネットワークカメラを監視カメラや防犯カメラとして使いたいときも固定IPアドレスが有効です。ネットワークカメラに固定IPアドレスを割り振ることで、遠隔地からでも簡単にカメラが捉える映像や音声を視聴・確認することができます。また、停電などが起きても、復旧すれば同じIPアドレスが引き続き割り振られるので、そのまま使用することができます。

固定IPアドレスを使う以外には、ダイナミックDNS(DDNS)という機能を利用する方法があります。DDNSはドメインとIPアドレスを紐付けることで、IPアドレスが変わっても新しいアドレスを自動的に再設定できる仕組みになっています。固定IPアドレスとDDNSのどちらを選択するかはユーザの考え方次第ですが、安定度の高さでは固定IPアドレスのほうに分があります。

固定IPアドレスの取得方法

固定IPアドレスを取得するには、オプションで固定IPアドレスが選べるプロバイダに申し込んで契約する方法と、固定IPアドレスに対応しているSIMを契約する方法があります。

利用しているプロバイダが固定IPアドレスオプションのようなサービスを提供していれば、月額利用料金を支払うことで固定IPアドレスが使えるようになります。

また、ネットワークカメラやIoT端末をモバイル環境で使いたいときは固定IPアドレスに対応したSIMを契約するのが便利です。

たとえばフリービットが法人向けに提供しているSIMは、1枚のSIMにつき1つの固定IPアドレス(グローバルIPアドレス)を割り振ることができます。このSIMはもともとIoTやM2M向けに作られたもので、上り大容量プラン(月額1,980円~)や低速プラン(月額299円~)が用意されています。固定IPアドレスはオプションで、料金は業界最安値の月額200円からです。詳しくはこちらをご覧ください。

固定IPアドレスを取得したい場合は、プロバイダの別途費用を払えば固定IPが使えるサービスを利用するか、固定IPアドレスに対応しているSIMを契約するのがおすすめです。固定IPアドレスのメリットとデメリットについてさらに詳しく知りたい方は、「固定IPアドレスのメリットとは? デメリットも併せて解説」もお読みください。