メタバースとは? 注目されている理由・何ができるのかなど

AI(人工知能)やIoT、VRなどさまざまな新しい技術が登場していますが、そのなかでも特に注目を集めているものの一つに「メタバース」が挙げられます。用語として聞いたことがあっても、その内容については詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では、メタバースの概要から注目されている理由、できることやメリット・デメリットについて解説します。

メタバースとは

メタバースとは、おもにインターネットを通じてアクセス可能な3Dの仮想空間です。「メタ(超)」と「ユニバース(宇宙)」を合わせた造語であり、1990年代に発表されたSF小説の中で登場する仮想空間サービスが由来となっています。

メタバースでは仮想空間に入り込み、現実世界と同じように自分自身のアバターを操作して他者とコミュニケーションを取ったり、ゲームをしたりして楽しむことが可能です。エンターテインメント分野だけでなく、ビジネス分野へも活用されています。例えば、バーチャルオフィスなどと組み合わせて仮想空間上で仕事をしたり、打ち合わせをしたりすることが可能です。

メタバースとデジタルツインの違い

デジタルツインとは、現実世界で収集したデータを使って、コンピュータ上に現実世界と同じ環境を再現する技術です。仮想世界を作り出すという点はメタバースと共通していますが、メタバースは必ずしも仮想空間と現実世界がリンクしているとは限りません。

例えば、ゲームの世界ではファンタジーな世界観で仮想世界が構築されることが多いですが、フィクションの仮想世界であってもメタバースといえます。メタバースとデジタルツインの違いは、現実世界の複製有無にあるといえるでしょう。

メタバースとVRの違い

VR(Virtual Reality)は仮想現実とも呼ばれ、おもに仮想的な3D空間において現実世界と同じような体験を得られる技術です。メタバースとVRも似ていますが、メタバースは仮想世界そのものを表す言葉であり、VRはその仮想世界にアクセスするための技術として用いられることが多いといえるでしょう。

メタバースを体験するために、VRゴーグルやヘッドマウントディスプレイなどのVR技術を活用します。仮想空間上で現実世界と同じようにコミュニケーションを取ったり、動いたりするために欠かせない技術がVRです。

メタバースが注目されている理由

現実世界と同じような仮想空間を作成する、と言葉でいうと簡単ですが、実際に実現するためには高度なIT技術が欠かせません。しかし、昨今のIT技術の進化や通信の高速化によって、以前は実現できなかった仮想空間が構築できるようになりました。

コロナ禍でテレワークが急速に普及するなか、オンラインコミュニケーションの重要性も増しています。多様化するオンラインコミュニケーションを実現するための手段としても、メタバースは注目されています。

また、Facebook社は2021年に社名を「Meta」に変更し、メタバース市場に1兆円規模の投資を約束するなど、ビジネス分野での発展も期待されています。大手企業も続々とメタバース市場に参入しており、今後ビジネスにおいても無視することのできない市場として注目されているのです。

メタバースでできること

メタバースは仮想世界であり、ゲームとしてそのなかで暮らしたり、遊んだりすることが可能です。また、現実世界と同じようなことを実現する例として、ライブなどのイベントを開催することもできます。

また、このようなエンターテインメント分野だけでなく、ビジネスへの活用が注目されています。新型コロナウイルスの流行によってテレワークが普及しましたが、テレワークはコミュニケーション不足に陥りやすいという課題がありました。メタバースを活用したバーチャルオフィスなどが実現できれば、仮想空間上で現実世界と同じように働くことが可能です。先に紹介したMeta社を筆頭としたこの分野への市場進出も現に増えてきています。

その他にも、ブロックチェーンを利用したNFT(Non-Fungible Token)などのメタバース上における商品の売買も注目されており、ビジネス分野への活用が期待されています。

メタバースのメリット・デメリット

メタバースはさまざまなメリットをもたらしますが、同時に覚えておきたいデメリットも存在します。

メリット

メタバースは仮想世界であるため、インターネットを通じて世界中どこからでもアクセス可能です。場所を選ばずに利用できるため、移動にかかるコストの削減やイベントなどへの参加も容易になります。また、単なるオンライン対面などとは違い、空間をシェアできることが最大のメリットでしょう。コロナ禍の中で急速に進んだオンライン会議ですが、対面とは違い多少の壁を感じている方も少なくないと思います。その点空間を共有できるメタバースでは、よりリアルに近いコミュニケーションを遠方の方とも行えるという点は魅力的です。また、ビジネス分野でもこれから発展することが間違いない市場であるため、新たなビジネスチャンスを得ることも可能です。

デメリット

メタバースは注目されるようになって日が浅い技術であり、法整備などはまだ追いついていません。また、メタバースを実現させるためには多大なコストが必要であり、従来とは異なるセキュリティ対策も必要になるでしょう。さまざまなメリットを活かすためには、国内外の先進事例をもとにこれらの課題を解決する必要があります。ぜひ御社の実現したいサービスや仕組みがございましたら、IoTを専門に扱う事業者に相談してみてください。

メタバースをビジネスで上手に活用してみませんか。
メタバースはゲームなどのエンターテインメント分野だけでなく、ビジネス分野への活用も期待されており、今後私たちの生活に大きな変化をもたらすと予想されます。現在の私たちの生活にインターネットがなくてはならないものになっているように、メタバースも新たな活動の場として、一般的になる未来はそう遠くないかもしれません。

メタバースのビジネス活用について、もっと詳しく知りたい方には次の記事もおすすめです。