IoT導入のポイントと分野別の導入事例を紹介!

IoTは「Internet of Things(モノのインターネット)」の略称で、通信用の装置が搭載されたさまざまな「モノ」がインターネットに接続し、データを共有しながらユーザのニーズに合うように提案を行ったり、製品やサービスの改善につなげたりすることを指します。ここでは、IoTの導入のポイントとさまざまな分野での導入事例を説明します。

IoT導入のポイント

IoTを導入した製品は、製品を利用するユーザにとってさらに便利なものになります。たとえば自宅の冷蔵庫をIoT化してインターネットに接続すると、ユーザはレシピの検索や食品の賞味期限に関する情報をリアルタイムに得られるようになります。企業側はユーザに寄り添う製品を提供する一方で、ユーザの情報を集めて分析し、さらにニーズに合う製品の開発に活かすことができます。多くのユーザの需要を正しく見極めるうえでも、ビッグデータの活用が可能なIoTに注目が集まっています。AI(人工知能)技術との組み合わせによる活用も有効です。

企業が新たにIoTを導入する場合は「スモールスタート」と「アウトカムの認識合わせ」が有効です。情報の収集・管理は安価なクラウドサービスを利用し、コストを最小限に抑えながら徐々にIoTビジネスを形にしていくことで、あらゆる負担が軽減できます。経営者と現場担当者の間、IoT導入プロジェクト担当者の間でもスモールスタートの認識をすり合わせることも非常に重要です。そして新たなIoTビジネスに割く予算の割合や金額、人材確保と割り振りに関する計画を話し合い、IoTを導入して、どういう成果が欲しいのかという「アウトカムの認識」の違いを埋めていくことがIoTビジネスを軌道に乗せるためのポイントといえるでしょう。

分野別IoT導入事例

具体的にIoTはどの分野でどのように取り入れられているのでしょうか。分野別に詳しく解説します。

産業分野

産業分野では製品に組み込んだり工場の生産ラインを管理したりとIoTが活用されています。適切な品質、適切な量を適切なタイミングで供給するということ利用されています。今後は、「ローカル5G」といった新しい通信技術を使い、制御やロジスティクスも組み合わせたさらに高度なIoTの仕組みが使われることになるでしょう。

農業分野

農業分野では、IoTを導入することでビニールハウス内の環境を遠隔で制御し、取得したデータをクラウド上で管理できるようになります。ビニールハウスに取り付けた環境センサーがデータを送信し、通信網を経てプライベートクラウドに格納する仕組みです。逆にクラウド経由でビニールハウス内に取り付けたアクチュエータで作物に水やりや施肥も行っています。クラウドへのアップロードを閉域網の中で行うことで、セキュリティレベルが高く安定的な通信が実現します。

建築・土木分野

建築現場では測量機器や建設現場の安全管理システムにIoTが導入されています。ドローンと通信システムを組み合わせた3次元地形データの取得と解析、設計図の自動作成によって手作業で計測する手間が不要になりました。また、現場で使われる建機を自動化して施工を高精度化したことで、作業員の安全確保も図られています。迅速なデータ収集と送信システムの確立によって、従来の建築・土木分野にはなかった「作業の効率化と安全の確保」の両立が始まっています。

医療分野

医療分野では院内で使えるリアルタイム患者見守りシステムが導入されています。患者に送信機を携帯してもらい、院内の各所にある受信機で位置情報を取得。患者の現在位置をリアルタイムに把握できます。ウェアラブル端末によって患者の心拍数や脳波、心電をリアルタイムに把握できるシステムも活用されています。

教育分野

教育現場ではSTEM教育やSTEAM教育の考え方の元、ドローンを用いた授業やプログラミング教育にIoTが活用される一方、通常の授業そのものにもIoTという考え方が取り入れられています。それが、電子黒板とタブレットです。遠隔授業でタブレットを使うのではなく教室でタブレットを使い、質問に対する全生徒の回答を教師が見ることで、手を上げた人だけでないクラス全体の理解度を把握しながら授業を進められるのです。

運輸・倉庫分野

迅速なモノの移動が急務である物流・倉庫分野では、入荷時点からモノの位置を把握し、オーダーに合わせてロボットが動き効率的な荷物のピッキングを手伝いながら、配車システムと連動し、ネットワーク上で受注から配送までの稼働を最適化。労働力不足を補い、配達の遅延も防いでいます。

保険分野

保険というIoTとは遠いように思われる分野の事例では、ドライブレコーダーのIoT化があります。ドライブレコーダーが搭載された自動車が事故を起こしたとき、ドライブレコーダーはそれを感知し、その場の情報をリアルタイムにサーバーに送信します。事故情報は即座にサーバーから保険会社に送られ、運転手(当事者)はリアルタイムに保険会社のフォローを受けられるのです。

サービス分野

人手不足やインバウンド需要などの時代の変化に対応するため、接客業やサービス業でもIoTの導入が進んでいます。ホテルでのタブレット端末による「スマートチェックイン機」の導入をはじめ、民泊でのスマホを使った鍵の受け渡し、専用のIoTデバイスで客室内の家電製品や空調設備の制御を行えるように一本化し、利便性を向上させています。

小売り分野

小売り分野では商業施設内の各所に設置したセンサーを来店客のスマートフォンアプリに連動させるシステムでクーポンを発行するサービスや顧客の顔認証システムにIoTが使用されています。他にも在庫管理や発注業務といったバックオフィス業務のスマート化、顧客情報の分析とその結果に基づく顧客満足度の向上、商業施設内の人の流れを把握することによる新たなショッピング体験の提供などに役立てられています。

IoTは多くの業種で導入が進んでおり、今後もIoT化の加速にあわせてさまざまなモノやサービスが便利になっていくと考えられています。「IoT+あなたのビジネス」をゼロベースから考え、ぜひあなたのビジネスにも取り入れてみてはいかがでしょうか。