上り回線が遅い! 原因や早くするための対策を紹介

インターネットを利用していると、まれに下り回線の速度は遅くないのに、上り回線速度だけがかなり遅くなることがあります。その場合は「インターネット速度測定」ができるWebサイトで、下りと上りの速度を測定してみましょう。その上で明らかに、また多くの時間帯で上りの回線速度だけが遅いとわかった場合は、この記事を参考に原因を探ってみてください。

通信速度の基礎知識

「上り回線の速度」について説明する前に、インターネットの通信速度について基礎的なことをおさらいしておきましょう。

通信速度の単位

インターネットの通信速度は「bps」という単位で表されます。bpsは「bit per second」の略で、1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを示します。

bitはデータ(情報)の量を表す単位です。コンピュータで処理する情報量の最小単位でもあります。「1bit」はコンピュータが扱う最小の情報が1つある状態(0か1かの2つの状態を表せる)を示します。

ちなみに、通信速度を表す場合の多くは、1Kbps(キロbps)は1,000bps、1Mbps(メガbps)は1,000Kbps、1Gbps(ギガbps)は1,000Mbpsとなります。

通信速度や回線速度を表すときは、このbps表記が使われるのが一般的です。

但し、コンピュータの容量等では1Kbpsを1,024bpsと換算することがあります(しないこともあります)。このあたりは混同しやすく、一般的な表記でも厳格な使い分けはされないこともあるので、注意が必要です。

上り回線・下り回線

インターネットの回線速度には上りと下りがあります。

上りはアップロードする方向の回線のことを指します。パソコンやスマホから、インターネットにデータを送信する際の速度が「上り回線速度」もしくは「上り速度」です。メールの送信、動画や画像のアップロード、SNSの書き込みなどが該当します。

これに対し、下りはダウンロードする方向の回線です。インターネットから送信されたデータをパソコンやスマホで受信する際の速度が「下り回線速度」もしくは「下り速度」です。メールの受信、ブラウザでのWebサイトの閲覧、動画視聴などが該当します。

アップロードが進まない! 上り回線が遅い原因

光回線(フレッツ光)の最大速度は下り1Gbps、上り1Gbpsで同じです。しかし、これは理論上の最大値です。実際の平均速度は下り220Mbps前後、上りは190Mbps前後といったところになるでしょう。本来、下りと同じスピードであるはずなのに上りが少し遅くなるのは、おもに受信側(送信先)の受信許容範囲の制限によるものです。

しかし、まれに上り回線速度だけが異常に遅くて困るというケースが発生することがあります。

上り速度が遅いと、メールで大きなファイルを送るときやクラウドサービスでファイルを共有したいときに通常よりも時間がかかってしまいます。また、YouTubeなどによく動画をアップロードするという人にとっても都合が良くありません。動画をよくアップロードするなら、上り回線速度は最低でも10Mbpsはほしいところです。

上り速度が遅い原因としては、以下のようなことが考えられます。

契約している通信回線の上り回線速度が遅い

契約している回線がADSLの場合、光回線と違って最初から上りと下りでは大きな速度差があります。ADSLにおける下りの最大速度は50Mbpsなのに対し、上りの最大速度は5Mbpsです。これはADSLの仕様です。しかも実際の速度はもっと遅くなります。

他に、CATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線の中にも上りが遅いものがあります。モバイルルータも同様です。

プロバイダが帯域制限をしている

プロバイダによっては1日あたりの上りの通信総量が規定している値を超えると、そのユーザが使用している回線に対して帯域制限(速度制限)を実施することがあります。これは大量のデータ通信が行われることで通信回線が混雑し、他のユーザに影響を与えないようにする措置です。この場合、上り回線速度にも制限がかけられます。

配線に問題がある

有線でインターネットを利用している場合に意外に多いのが、LANケーブルなどの配線に問題が生じているケースです。

まず、光コンセントに光ファイバーケーブルがしっかりと差し込まれていないと、本来の速度が出なくなります。またLANケーブルが部分的に断線している場合も、よく上りまたは下りだけが遅くなります。非常に長いLANケーブルを使っている場合も、速度に影響が出ることがあります。

各種機器の不具合やスペック不足

パソコン、スマホ、Wi-Fiルータなどの各種機器の不調によって上り速度が落ちているケースも考えられます。古い機種の場合はそもそもスペック不足で速度が出ないのかもしれません。LANケーブルの接続口や内部の回路が経年劣化している可能性もあります。

上り回線を速く快適にするための対策

利用している通信回線の本来の上り速度がどれくらいの速さなのかを、まず把握しておきましょう。「フレッツ光」提供エリアでADSLを利用している場合は、2023年1月末で終了することが決まっているので、この機会に光回線などに乗り換えることをおすすめします。

プロバイダの帯域制限については、大量のファイルのアップロードなどを行っていないかなど、自身のインターネットの使い方を振り返ってみてください。プロバイダのサイトやサポートで帯域制限について調べてみるのも良いでしょう。サポートに問い合わせればより詳しく確認できるはずです。

配線についてはケーブルの接続具合をよく確認したり、ケーブルを取り替えてみたりすると状況が改善されることがあります。また、ルータなどの機器の不具合は、一度電源を落としてから再起動するだけで解消されることがよくあるので試してみましょう。

上り回線の遅さが気になる、速くしたい場合は上記を参考に原因を探し、対策してください。